心理学をベースとした集客テクニックを解説

行動心理学から学ぶ集客方法

心理学とは何か?

心理学を学んでいない方にとって、あまり聞きなれないザイオンス・ツァイガルニク効果について説明しています。 これらの効果はマーケティングの基礎とも言われていて、多くの企業が導入しています。うまくアピールすれば効率良く集客が出来るのでおすすめです。

ザイオンス・ツァイガルニク効果とは?

時折メディアにも心理学を使った番組もあり、多くの方が一度は耳にした事があると言えます。しかし実際にどんな物を学ぶのかを理解している方は多くありません。そもそも心というのはとても曖昧でありながら、ほとんどの人が信じているものです。
心がどんな動きをするのか?その上で人はどんな行動をするのか?それが心理学であり、科学的なアプローチをかけて研究されています。心理学にもいくつか種類があり、知覚や思考、記憶など人としての基本的な部分の研究をしている認知心理学、動物の心の動きを研究する動物心理学もあります。神経・生理心理学は心と身体の機能や関係性の研究で、人格心理学は人の人格がどんな状況で形成されているのかを研究しています。
他にも社会心理学や犯罪心理学など様々なジャンルに分けて研究が進んでいますが、今回スポットを当てているのが行動心理学と言って、ある行動から人の心理を読み解く方法です。行動心理学は多くの人に当てはまるので、わかっているだけで相手の心理をうまく読み取る事が出来ます。
実際にマーケティングには行動心理学を使って集客を行っている企業もあります。集客は単に広告を打てば良い。あるいはトレンドの製品を出せば良いのではありません。効率的に集客をする極意とも言える効果的な心理学について説明していますので、集客に自信が無いオーナーはもちろんの事、今以上に集客に力を入れたいと考えるオーナーは必見の情報です。

バーナム・文脈効果とは?

心地良いと思える環境作り、あたかも自分の事だと思う様な文言は誰にとっても気持ちの良いものです。 それをマーケティングに生かし、ユーザーの心をキャッチすればより多くの売上を確保出来ます。これらの効果は大っぴらにしない、さりげないアピールが重要になります。

クレショフ効果・一貫性の原理とは?

無意識にしてしまうイメージや比較をマーケティングに活かす方法が、今回紹介するクレショフ効果・一貫性の原理となります。 普段生活をしている中、特に意識していない比較や結びつきを混ぜ合わせていくので、多くの方から共感を得やすいマーケティング方法です。

リンク集

TOPへ戻る